離婚するにあたり名義変更が必要なもの

離婚するにあたって旧姓に戻る場合、名義変更が必要なものがたくさんあります。身分証明書となるもの、例えば運転免許証やパスポートなどはすぐに思い浮かぶのですが、それ以外にどのようなものがあるでしょうか。

まず、銀行の通帳について名義変更を行う必要があります。ここで、お金に関するものということでクレジットカードに関しても名義変更をしなければならないということが思い浮かびますが、こちらの名義変更にあたっては変更後の引き落とし口座が必要になってきます。そして、引き落とし口座の名義は、原則としてカードの名義と同一でなければなりませんので、先に銀行口座の名義を変更することになります。もっとも、銀行のクレジットカードについては、銀行口座の名義と一緒に変更されることもありますので、銀行に確認しましょう。

なお、これらの名義変更にあたっては、離婚後の住所や氏名が確認できる書類または運転免許証・パスポートなどの身分証明書が必要です。そこで、離婚した際に一番最初に名義を変更すべきなのは、運転免許証やパスポートなどの身分証明書であるといえます。もちろん、各種手続においては印鑑も必要ですので、離婚後の姓の印鑑を用意することも忘れないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。