ひとり親になった際の生活支援手続き

離婚など様々な事情で両親が別れた児童や両親がいない児童を養育しているひとり親や養育者は、様々な助成制度を利用することが出来ます。
母、父又は父母にかわって児童を育てている養育者は児童扶養手当を受給することができます。父、母又は養育者の所得や児童に人数などによって受給額が異なります。この制度での児童とは18歳になった日以降の最初の3月31日までの児童のことを言います。居住している地区町村の担当課で相談や手続きをすることができます。手続きには認定請求書や戸籍謄本、住民票などが必要となります。また支給する要件や市区町村によって必要となる書類は異なりますので、事前に確認しておくことが必要です。
ひとり親家庭などに対する医療費助成制度もあります。この制度は国民健康保険などの医療保険から一部負担金を差し引くことが出来ます。この制度を利用するには、受診する医療機関で保険証と医療費助成の受給者証を提示します。しかしこの制度を利用できない医療機関などでは医療保険の自己負担分を支払ってから、居住している市区町村の担当窓口へ領収証を持って行って医療助成費の申請をします。この制度の受給者証は市区町村の担当窓口に申請すると発行してもらえます。

コメントは受け付けていません。