離婚届けの提出後の手続き

ウェディング11離婚届を提出した後の手続きの流れは、まず子供の親権が母親になっていても、戸籍上は戸籍の筆頭者である父親のままになっているので、母親の戸籍に入れる手続きが必要になります。しかし、親権が父親になっている場合は申し立てをする事ができないので、父親から申し立てをしてもらうか、母親が親権を持てるように申し立てを行わなければなりません。なお、子供が15才以上であれば子ども自身で父親か母親の性を選び、申し立てを行う事ができます。
次に、健康保険や厚生年金の手続きですが、妻や子供が勤務先である健康保険組合の被扶養者であったり、厚生年金の第3号被保険者になっている場合は、被扶養者の移動や年金の種別変更をする事が必要になります。この場合、戸籍謄本が必要になりますが、離婚後に新しい戸籍謄本が出来上がるまでは2週間程度かかるので、その間は夫の健康保険や厚生年金に加入したままになります。また、預金通帳やクレジットカードの氏名変更も必要になります。クレジットカードに関してはカード会社に連絡をして届出用紙を取り寄せてから提出する事になります。
最後に免許証を持っている場合は氏名・住所・本籍の変更が必要になります。変更の際は運転免許試験場か、警察署にて申請を行う事ができます。